醤油発祥の地、和歌山県・湯浅町

近ごろ醤油の事が気になって仕方がない自分に気がつき、矢も盾もたまらず和歌山の湯浅町に行ってきました。

実際、関西では「醤油」といえば和歌山の湯浅のモノが本物且つ高級、というイメージがずっとあり、このところの醤油熱に冒されている者としては聖地同様。

さぞや、街中が醤油の匂いでむせ返っているのでは…と希望に胸を膨らませ、阪和自動車道→湯浅御坊道路の湯浅ICで降り、湯浅町へ向かいました。

しかし、実際に到着してみるとそこは僕が勝手に考えていた賑やかな醤油の町ではなく、少し寂れたちょっぴり感傷的な町でした。


昔ながらのオモチャが展示してある可愛い町屋。


1本裏手に入ると、かなり複雑で迷路のような路地裏。
一分で昭和の世界にダイブ出来ます。


各家庭の格子には、色々な趣味性の高い小物(かなり昔の)がディスプレイしてあります。
とても不思議な感じがします。


ちょとオシャレな町屋カフェを発見。


ほんとに昔の繁栄が見え隠れする「いい町・いい家」なのですが、少し寂しげな感じもします。


醤油の元「金山寺味噌」のお店。赤いポストと絶妙にマッチングしています。


湯浅の名門「角長」を発見!!漫画「おいしんぼ」にも度々取り上げられています。
試食させて頂いた「しょうゆもろみ」は絶品中の絶品


先代が丹念に作り上げた究極の醤油「濁り醤(にごりびしお)」も買ってしまいました。


角長さんからほどなく行った所(ココも路地裏)にある「甚風呂」
ここも瞬間昭和発生装置です。


営業はとうに終了しており実際には入れないのですが、見学は自由で男子の憧れ「番台」にも上がる事が出来ます。


少し町から外れた場所にあったレンガ造りのお風呂屋さん。
チラリ覗いてみると営業されてるような気配が…
一度営業中に訪れてみたくなりました。

いやはや、僕が勝手に想像していた醤油まみれの町ではなかったものの、ここ最近の中ではトップクラスのノスタルジックゾーンでした。

一人で、デジタルカメラではないカメラを携え、ゆっくりとおセンチな気分に浸りながら写真を撮ったり古い喫茶店で苦いコーヒーをすすったりしてみたくなる、そんなGoodな場所でした。

和歌山県・湯浅町

Leave a Reply